KODAMA GLASS > テーブルトップ専門店 > 切断面の処理・安全対策について
切断面(エッジ)の処理について
テーブルトップ・ガラスマットの切断面処理のほとんどが糸面磨き(いとめんみがき)と呼ばれる方法で処理します
この糸面磨きが最も安価で一般的な処理方法です
通常は切断面の全周を糸面磨きする「全周糸面磨き(ぜんしゅういとめんみがき)」で良いかと思います
その他、幅広面取り加工やかまぼこ面磨きにすることで色々な表情をみせてくれます
ここでは糸面磨きも含めて切断面(エッジ)の処理方法についてご説明します
最も安価で一般的で綺麗な処理方法です
切断面を1mm~1.5mm程度の幅で面を取り(斜め45度)鋭利な部分をなくして磨き加工(最も綺麗な加工)までします
当社ではこの糸面磨きの加工代を低く抑えることで高級感を損なうことなく低価格にて販売できるよう努力しております
幅広に面取りすることでガラスの高級感がかなりUPします
面取りの幅のサイズはmm単位で指定も可能ですが当店では3㎜,5㎜,10㎜,15㎜,20㎜,25㎜,30㎜を用意しています
面取りの幅が広くなるとガラス切断面の厚みが薄くなりますので

厚み5㎜の場合は15㎜まで
厚み6㎜の場合は20㎜まで とさせていただきます
少し高価ですが最も安全で高級感のある処理方法です
ガラスの切断面を丸くカットし磨き加工までする処理方法です ※厚みは6mm以上必要です
ガラステーブルで部分的に置くように設置する場合にお勧めです

安全対策について
テーブルトップ・ガラスマット等をより安全にご使用いただくため、下記のオプション加工やパーツを
ご用意しておりますので、ご使用状況に応じてご検討下さい
※ご相談やご不明な点等ございましたら、お見積りの際担当までお問合せ下さい
テーブルマット・デスクマットのガラスをご注文頂いたお客様で
ご希望の方に限り、すべり止めとして透明のゴムを無償で同梱いたします
透明ゴムなしでも普通にご使用いただけますが、一度置いてみて
動くのが気になるようであれば使用して下さい

ガラスマットで、ガラス厚み5㎜・6㎜の場合は厚み1㎜、直径8㎜の
ゴムを同梱させて頂きます
厚み8㎜以上の場合や、ガラストップとしてご使用される場合は、
厚み2㎜、直径8㎜のゴムを同梱させて頂きます

ご使用の際は、すべり止めをテーブルの天板面に貼っていただいて
その上にガラスを置くようにして下さい


テーブルマット、デスクマットで四角形ガラス(R加工やC加工をしていないもの)
ガラスにコーナーガードを貼ることもできます
ガラスの角及びテーブルの天板の角を保護しますので安全です
ガラスには、透明飛散防止フィルムを貼る事ができます
万が一破損した際も破片が飛び散ることがないため、安全です!!
テーブルトップとして部分的に載るように設置する場合にご検討下さい
※ガラスマット(テーブルマット・デスクマット)として使用される場合は
 フィルム面に傷等が入りやすいため、不向きです
フィルムはガラス片面の全面に貼ります
ご使用の際はフィルム面を下にしてご使用ください
フィルム加工の価格ににつきましてはお見積り時にご提示させて頂きます

ガラスをオーダーする際に確認して頂きたいこと
当店では『使用用途』、『サイズ』 、『設置場所・状況』等により
最適なガラスの種類・厚み等をご提案し、一度お見積りをさせていただきます
お客様にもオーダー及び見積依頼される前に、確認して頂きたいことをまとめていますので
一度ご確認頂きますようお願いします

ご注文される前に確認して頂きたいこと


  ご不明な点や、ご質問がありましたらお電話にてお問い合わせ下さい。   
  お見積り・ご注文の際はホームページの「お見積り・ご注文フォーム」もしくは「FAX用お見積り・ご注文フォーム」が便利です!!

※各種お問合せには 担当 / 児玉(こだま)よりご返答させていただきます

page top
-->