ガラス形状について
最も一般的な形です
テーブルサイズに合わせてmm単位で製作致します
※ 最大寸法 : 概ね2400mm×1600mm程度となります

●角落とし加工(かどおとしかこう)

 四角形の場合、その4隅は通常1mm~2mm程度角を落とします
 この加工によって角も触っただけで手が切れたりするようなことは100%ありません
 R加工等、特に指定がない場合は角落とし加工となります

角落とし加工は無料です

 

●角R加工(かどアールかこう)

 テーブルの4隅が丸くなっている場合、その大きさに合わせてR加工が必用です
 テーブルトップでガラスの角が出るような場合も角R加工をお勧めしています

左図R:半径(mm)を採寸して下さい

 ※最小5mmR~となり、5mmR以下の場合は角落とし加工となります
 ≪Rサイズにつきましては、下記PDFファイルをA4で印刷して合わせてみて下さい≫
 

●角C(斜め45度)加工(かどシーかこう)

 テーブルの4隅が斜め45度にカットされている場合、その大きさに合わせて
 ガラスをカットします

左図C(mm)部分を採寸して下さい

※最小3mmC~となり、3mmC以下の場合は角落とし加工となります
≪採寸が難しい場合は型を送っていただければ型を基に製作可能です≫

ご希望のサイズに合わせてmm単位で製作します
円の直径をお知らせください
※ 最大寸法 : 概ね直径φ1800mm程度です

直径の図り方はある点から点までの距離を図って最大となるサイズ
(ある点から中心を通った最大サイズ)が円の直径となります
異形(バリアント)の場合は型もしくは図面があればそれを基に製作します
正楕円形や八角形等の場合は、図面で特に問題ありません
小判型の場合、Rが半円もしくはRが指定可能な場合であれば図面で良いのですが
Rが判明出来ない場合は型が必用です
ムクの木の天板等凸凹しているような場合は型が必用です

最大寸法:概ね2400mm×1600mm程度まで製作します
お見積りは、概ねの形状及びサイズ等を教えて頂ければさせて頂きます
(型紙はご注文確定後にお送りいただくかたちとなります)

  切り欠き加工(きりかきかこう)について

●切り欠き加工の場合
 左図Aのように切り欠き部分の内側の隅は丸くなります
 (目安:厚みの2倍程度 e.g. 厚み5mmの場合10mmR)
 また、ガラスが割れやすくなりますので強化ガラスをお勧めしています
 切り欠きのサイズによっては製作できない場合もあります
 お見積り及びお問い合わせの際には図で教えて頂きますようお願いします

  *FAX及びお見積りフォームからでも画像・PDFデータ送信できます*

 

  穴あけ加工(あなあけかこう)について

●穴あけ加工の場合
 ガラスが割れやすくなりますので強化ガラスをお勧めしています
 穴の大きさは強化ガラスの場合、最低でも厚み以上の径が必要になります
 穴の位置につきましても端の方にある場合、加工できない可能性もあります
 ガラスの端から穴の端までは板厚の2倍以上必用等々、様々な制約があります
 お見積り・お問い合せの際には図で教えて頂きますようお願いします

  *FAX及びお見積りフォームからでも画像・PDFデータ送信できます*

 

ガラスをオーダーする際に確認して頂きたいこと
当店では『使用用途』、『サイズ』 、『設置場所・状況』等により
最適なガラスの種類・厚み等をご提案し、一度お見積りをさせていただきます
お客様にもオーダー及び見積依頼される前に、確認して頂きたいことをまとめていますので
一度ご確認頂きますようお願いします

ご注文される前に確認して頂きたいこと


  ご不明な点や、ご質問がありましたらお電話にてお問い合わせ下さい。   
  お見積り・ご注文の際はホームページの「お見積り・ご注文フォーム」もしくは「FAX用お見積り・ご注文フォーム」が便利です!!

※各種お問合せには 担当 / 児玉(こだま)よりご返答させていただきます

page top
-->